工場求人!工場でのSEに転職する方法とは

工場でのSEの主な業務としては、「制御・組み込み系」がほとんどです。たとえば各種の計測機器や家電、携帯電話、モデムやハブ、ルーターといったネットワーク機器などでチップ上に組み込まれたものや、ドライバとして独立して提供される制御系のソフトウェアの設計・開発などを行うことになります。

その仕事の流れとしては、顧客、つまりメーカーの要望を受けてその要件やニーズを明確化します。つぎに仕様書・設計書という形でまとめてプレゼンテーションを行います。それをもとにCやアセンブラ、Javaなどのプログラミング言語を使ってプログラムを完成させ、テストを繰り返しながら不具合を修正してソフトウェアを完成させていくというものです。

工場でのSEの仕事で必須なのは、Cやアセンブラ、Javaなどのプログラミング言語を用いたプログラミング経験です。同時にハードウェアの動作を制御するプログラムの開発がメインになるため、開発対象であるハードウェアに関する知識が必要となります。そのため今までの経験値の中でどのハードウェアが得意なのかも、転職企業を決める大きな要素になるでしょう。

今後もスマホやデジタル家電の普及とともに、こういった工場でのSEの人材需要は増加傾向にあります。技術レベルが高いことから、一般のエンジニアにとってはトライしにくい分野でしたが、現在は、開発ツールの簡素化などで経験不足のSEでも応募可能になった職種になっています。

元SE、工場での仕事を希望、どんな職種が可能性があるか

制御・組み込み系SEとしての職種以外では工場で働く場合は本当にSEを辞める(キャリアチェンジ)という選択肢もありだと思います。概ねSEを長くやってきて疲弊してしまった人、うつ病になった人はパソコンから離れて肉体労働で再起を図るという方もいるからです。実は肉体労働は気持ちの良いものです。居室でPCに向かって悶々と仕事をし続ける、誰ともしゃべらないで作業する、1日中イスに座って腰痛になる、そんな不健康な仕事よりも、体を動かす仕事のほうがと考える人もいるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

クレジットカード利用 注意点